はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在別居中。

    新築離婚

    「新築離婚」、話題になってますね。

    この言葉自体は以前からあったようですが、

    ココリコ田中さん夫婦のお話から、また少し認知度が上がりましたね。

    個人的には田中さん割と好きだったんだけどなぁ。

    家庭のことはご本人たちにしかわかりませんものね。

     

    新築離婚とは?

    ラジオで上沼恵美子さんもおっしゃっていましたが、

    この言葉を知らなくても、聞いたら「あー、なるほどね。」と、

    意味するところを想像できる方も多いんじゃないでしょうか。

     

    特に、新築で家を建てたり、似たような大きなライフイベントを夫婦で経験したことが有る方なら。

     

    住宅購入って多くの方が未経験の、大きな買い物ですもんね。

    そういう時に謂わば「本性」が出てしまったり、

    我を押し通そうとしてしまったり。

    ある意味、ストレスフルな作業になります。 

    意見が違うのは当たり前ですからね。。。

     

    そしてやっと建ったと思ったら、今度は新しい環境での生活。

    夢のマイホームのはずなのに、こんなはずじゃなかった!

    思わぬ所にストレスが生じたり、

    問題の原因を相手ばかりに追求したり。

     

    ガラガラガラと、信頼関係が崩れていく、ということも想像できます。

     

    うちも新築離婚?

     

    さて、うちも新築離婚に近いようなところはありますね。

    離婚を決意したのは新築してからではないですし、

    そもそも離婚成立してませんけど!

     

    大雑把に説明すると、

    もう離婚するしかないかもしれない、と私が(或いはお互い?)感じている所に、

    無理やり夫が新築購入をぶち込んできた。

    というところでしょうか。

     

    もちろん私はやんわり反対(というか延期提案?)しますが、

    そうすると「お前は黙れ!文句言うな!」攻撃。

    (文句と違いますけど)

     

    夫は、今欲しいんです。

    どうしても、イマ ホシイ んです。

    しかも、対外的には妻に配慮したっぽく見えるんです。

    一石二鳥!

    それを邪魔する妻?そりゃー邪魔者でしか無い。

     

    詳しくはコチラ↓

    harinezumisan.hatenadiary.com

     

     

    でも、そういう夫(関係が良好でない時に家を買おうとする夫)って、

    一定数居らっしゃるようですね。

    「新しい家を買って、環境も気分も変われば、この関係悪化も良くなる」という考え(或いは無意識)からのようですが、

    なんという楽観主義!盲目!お気楽!

     

    基本的には、物を買い与えて愛情表現をした気になってるのと同じ構図なんでしょうかね。

    モノ(お金)で解決しようとするんじゃなくて、

    まず自分が向き合わないとダメだよねぇ。

     

    f:id:harinezumisan:20160625002728j:plain