はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在別居中。

    逃げ恥からの考察

    とか大層なタイトルをつけておきながら、

    ドラマ見て自分の経験思い出したわー、というだけのお話です。

     

    火曜のドラマ「逃げれば恥だが役に立つ」

     

    源さんが割と好きなので、なんとなく見始めたドラマ。

    すごく人気なようですね。

    契約結婚

    賛否あるでしょうけど、一つのカタチとしていいんじゃないかと思ってしまう。

     

    今回、ちょっと気になったシーン。

     

    みくり(新垣結衣)の元カレカップルと、新婚旅行(実際は雇用主と従業員の慰安旅行)先で、まさかの遭遇。

    元カレが旅館に無理難題をふっかけている。

    明るいクレーマー

     

    平匡(星野源)が、それを見てみくりに話しかける。(元カレとは知らない。)

    「彼も理解できないけど、付き合ってる彼女もどうかと思う」的なことを言う。

     

    それー!!!!!!

    そ・れ!!!!!

     

    私は、夫と居る時、それはもう頻繁に、恥ずかしい気持になっていた。

     

    公衆の面前で怒鳴り散らしているとき。

    お店の人に無理難題をふっかけているとき。

     

    あぁ、消えたい。

    恥ずかしい。

    「こんな人と何故一緒に…」と思われてるやろうし、自分でも思う。

     

    恥ずかしいことをしているのは私ではないけど、

    その恥ずかしいことをしている人とある意味では一体の私。

    そんな人といること

    そんな人を止められないこと

    なんかとにかく恥ずかしかった。

     

    そんな自分が耐えられなくて、よく、意識が私から離れている感覚に陥っていた。

    遠くから自分たちを見ている感じ。当事者じゃないと思い込みたかったのかな。