読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在別居中。

    言いたいことも言えない関係

    私が別居の直前、新居の間取り等について話し合ってた頃の話。

     

    え、別居するのに新居?という内容はコチラ↓ 

    harinezumisan.hatenadiary.com

     

    「いますぐ家を買う必要はない、ゆっくり考えよう」ということについて、

    私は夫を説得することを諦め(話が通じないから仕方がない)、

    とりあえず1%でも一緒に済む可能性がある家を住みよいものにするべく、

    乳飲み子を抱えてハウスメーカーと新居の打ち合わせを行っていた。

    (まぁ乳飲み子を抱えての打ち合わせは、とても一般的なことではある。)

     

    その打ち合わせの進め方について、

    営業マンが夫のいない時間に家にやってきて、

    「昨日の打ち合わせ後、大丈夫でしたか?奥様は旦那さんがいらっしゃる時にはおそらく言いたいことも全然言えてないご様子なので、打合せ自体は平日の昼間に奥様主体で進めて頂いて、何週か毎の土日に旦那様も交えて確認していく、という進め方が良いのでは無いかと思いますが如何でしょうか。(意訳)」

    と言われた。

     

    この進め方自体は、何も特別なことではなく、打ち合わせを円滑に進めるためには普通のことだと思う。

    旦那さん、土日しかいないのが一般的やし。

    平日の昼間に、奥さんと細かい部分詰めて、土日に旦那さん含めて再確認。

     

    しかし、言い方。

    めっちゃ気を遣われてる感じ。

    心配されてる私。

    いや、営業マンなので、いくらか割り引いて考えないといけないこともわかる。

    寄り添い営業というか。

     

    しかし、営業マンの前できちんと円満に話し合えている夫婦の場合、

    「大丈夫でしたか?」なんて切り込みは不要だろう。。。

    まぁ、「大丈夫でしたか?」と聞かなければならないような夫婦も、少なくはないのかなぁ。。。

     

    私は、打ち合わせの場でも、萎縮して何も言えない、という状態にはなっていなかった。

    夫の話に、「それはおかしい!」と思ったら言い方を考えつつも意見を言ったし、

    「乗り気ではない」という話はしっかりしていたつもり。

    それでも、第三者に「言いたいことが言えていない」と感じさせる態度だったということなのか。

     

    夫はだんだん興奮してくるので、そうなると私はひくからかな。

    だってそうなると何も届かないからね。。。