読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在別居中。

    1月2回目の面会 #2 嫌悪感と絶句しか生まれない

    さて、続き。

     #1はコチラ↓

    harinezumisan.hatenadiary.com

     

    会ったら最初は
    「やり直したい、俺は変わった、頑張りたい」トーンです。
    私の返事が望むものではないので、だんだん怒ってきます。
    次は、私の罵倒が始まります。
    (最近は昔ほど激しくないのかもしれません。
     しかし、法事の日の一件もあるし、元の家に戻ったらまた悪化する可能性の方が高いので、
     やはり私の決意は変わりません。)

     

    で。
    離婚するとなったら、私は敵です。
    この前も説明したけど、やっぱり理解してもらえないようで。
    うちのめしたいのです。

     

    調停中に、他の女性と交際して、子供を作りたい旨をまた言ってきました。
    私はそれに対してなんの感情もないけど、
    一人の人間として責任とか信用とか考えて、ちゃんと離婚してからにしたら、と答えてるのですが、
    「あんたのせいで、新しいこどもが俺の子どもとして認められないのは困る!どうしてくれるのか!めちゃくちゃにするな!」
    だってさ。

     

    だ か ら!!!!!

     

    もしそうなったら自分の責任ってなんで理解できないかなー・・・
    離婚してから好きにすればいいやんね。何も問題ないやんね。

    なんで離婚する前に話をややこしくするかな。

    法的に権利があっても、慰謝料の請求はしないねんな、って何回も念を押された。
    するって言えばよかったかな。
    次聞かれたら、するって言おう。

     

    あと、子供ができたら無条件に離婚を受け入れるっていう契約にハンコおしてっていうのもまた言われた。

    押すわけないやん。
    条件決めたら離婚するって言ってるやん。

     

    意味不明

     

    条件は離婚してからでも決められるから、やって。
    じゃあ離婚する前に決めればええやん!!!!と、私の心の声。
    んで、養育費は払わへんねんて。
    子供の権利ですけど。
    親ですけど。

     

    そういう人間ってわかって(わかってたけど)、やっぱり離婚することにしてよかった、としか思えないよなぁ。
    贈与された200万円(300万ってまた言ってきたから訂正した)もはやく返せって。

     

    だ か ら!!!!


    返さなくていいもんやねんけど。
    でもまぁ別に返すことは構わないんやけど、今すぐには返さないって言ったら
    じゃあ養育費をそれに充てろって。
    少なすぎるやろ。
    月1万もない。
    同じ年収でも、養育してるのはこっちやから、1万~4万くらいは払うのが相場やのに。

     

    年収一緒くらいだろって言うから、

    いやいやこっちの方が少ないですよと私の年収伝えたら、
    100万くらい違うな、ってニヤニヤしてた。
    はいはい。だから払ってくださいよ。


    で、給与の差し押さえとかもできるよって言ったら、
    会社も辞めるねんて。
    なんてったって「金はあるから!!!」やって。あーはいはい。
    見てて痛々しすぎる。

     

    ほんまに、若いうちに大金手にするのは良くないっていう教科書見てるみたい。
    大学卒業まで、決めた金額支払い続けてくれたら、200万返すって言っておいた。
    そうするのがいいんじゃないかな。
    そもそも返す必要の無いお金なんやし。

     

    あとは、父の会社への出資よね。。。
    わかってたら頼むんじゃなかった。。。
    出資してもらってるのは、こうなったからお返しするって言ってるのに。
    過去●年分の決算書出せ、ばっかり言ってくる。
    決算書出すことは拒めないのよねぇ。
    めんどくさい。
    父と話してくれって言ったら、
    じゃあ仕事中に会社に電話するって。

     

    あかん、もう嫌悪感しかなくて返事できへん。
    なんか、ほんま性格悪すぎる。なんというか。

    後悔しかないわ。。。 

     

    結婚前は化け猫レベルの猫かぶりだったとはいえ
    些細な違和感は感じざるを得なかったのに、
    目をつぶってしまう程に捨て鉢だった数年前の私を恨むばかり。
    まぁ、恨んでも仕方がないのでがんばろう。
    自己責任ですね、はい。