はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在絶賛別居中。

    ブラトップをやめてみる。

    出産前からまぁまぁ使っていたブラトップ。

    出産後というか卒乳後(授乳は微妙にやりにくい)は、
    ほぼ毎日ブラトップ生活。

    楽なんですもの!

    貧相であるがゆえのブラあるある。
    ・手を上げるとアンダーもずり上がる
    ・方胸だけ大層余る(左右差が大きい)
    ・肉がない故に、センター部分のワイヤー?が骨に当たって痛い
    ・ストラップがずり落ちる

    こういう煩わしさと窮屈さから解放されて、
    自由だー!!!
    ってなれるの、ブラトップ。
    キャミやタンクをもう1枚着る必要もない。

    どうせ垂れるほどのボリュームもないから、
    このままブラトップで過ごそうと思っていたのだけれど。

    なんか、私の胸、めっちゃ柔らかい!
    良い意味ではなくて、ハリがないというか、ふにゃふにゃ。
    これってどうなの?
    やっぱ、加齢?!

    ない胸がどんどんお腹や背中に流れて、
    むちむちの背中とかになっていくのでは?!

    と、急に不安になって、
    ブラ生活を再開しました。

    以前のブラは、サイズ的には問題ないのですが、
    やはり補正力がある方が良かろう、と
    お手頃な補正下着を楽天で買ってみたり。

    1枚目は失敗。
    センター部分のワイヤー?が痛い。
    アンダーが長めのやつは向いてない模様。
    めっちゃ盛られる(パッドの厚みったら!)のも微妙…たしかに格好良いけど、普段の私と差がありすぎて使う勇気が出ない笑
    ということでお蔵入り。

    反省点を踏まえて、3種類ほど注文しました。
    ノンワイヤー
    カシュクール
    美胸タイプ(盛るんじゃなくてね)

    さて、どんなもんでしょ?

    これで、背中シャキッと!
    気合い入れて毎日過ごすぞー🔥

    Amazon Prime SaleでMisfit Rayを入手

    真っ最中ですね、Amazonプライムセール。

    プライムといってもお金を払っていない家族会員ですが、私…(*´∀`*)

     

    少し前から気になっていたmisfit ray(活動量計)。

    買っちゃいましたー!!!

     

     

    あまりにも動かない生活なので、活動量計でも身につけて、

    動くモチベーションにしようかな、と思っていたのですが。

     

    検討に検討を重ね、

    PHASE(腕時計に活動量計機能がついた感じ)

    jp.misfit.com

    でもなく

    SHINE2(腕時計型、でも一体何?!みたいな外観)

    jp.misfit.com

    でもなく、

    RAYにすることは決定していました。

    jp.misfit.com

     

    ※MISFIT社一択なのは、充電不要(ボタン電池)だから。

     他社のは「数日に1回外して充電する」必要が。絶対挫折する。私。

     そして、単純に過不足無いシンプルな機能とデザインが好き。

     

    さて、どのタイプにしよう?

     

    公式サイト限定のフォレストグリーンがとにかくステキ。

    ただ、公式サイト限定なので、価格が定価なのと、

    サマータイプ(パーソナルカラー)の私に深い緑は似合わないであろうということが、

    引っかかって悩む悩む。

     

    無難にポリッシュステンレス(シルバーはサマーの得意色)か?と思うも、

    光沢が結構激しそう(多分苦手)なのと、電池とかアルミ缶に見えるような気もする。

    (他の色は割とマットな光沢)

     

    ネイビーもステキだけど、バンドまでネイビー1色はスポーティーすぎる?

     

    そうすると、やっぱりローズゴールドが一番シックで良いかなぁ、

    ベルトを変えたら色々楽しめそう。

     

    ということで、

    フォレストグリーン VS ローズゴールド の2択に。

     

    プライムセールで割引になりそうだったので、

    プライムセール始まったら決めよう。と寝かせてありました。

     

    そして昨日、プライムセール開始。

    ローズゴールドが定価の46%オフになってたので、

    もうこれはさすがにローズゴールドよね!

    ということで私の脳内戦争終了。

     

    あとは公式サイトでステキな替えベルトのセットを買おう。

    しばらく使ってみてから(*´∀`*) 

    やってみよう。

    またまた結構空いちゃいました。
    もう、イヤになるね、この時の流れの早さ。

    いきなり裁判所から電話が来て翌日調停期日に行ったり(裁判所のミスなのに、謎対応)、
    淡い期待はガラガラと崩れ去ったり、
    急に大学時代の友達の集まりに参加してみたり、
    なんかまぁイロイロあったわけですが。

    「中途半端な立場だし、なんとなく表だった行動はしにくいなぁ」と
    おうちでひっそり過ごしてましたが…
    もう、ひっそりするのやめます!!

    (いや、インドア派なので基本おうち好きなのですが)

    やりたいことをやる!
    やらねばならぬことをやる!
    ウダウダ言い訳しない!

    ということで、趣味の活動(音楽系)を再開します。

    子供も、人生楽しんでるお母さんの方がいいでしょ♪
    (都合いいなぁ!)

    ゆる糖質制限から、期間限定グルテンフリーへ。

     

    現在、夜だけゆるーく糖質制限しています。

     

    ゆる糖質制限を始めた背景

     

    私はどちらかというと痩せ型。

    ダイエット(減量)したい訳ではありません。

    (だからといってスタイル良い訳では決してありません。脂肪はあるし、筋肉無いからダルダル…)

     

    昔から、やせの大食いと言われるタイプでした。

    そんなに大量に食べるわけではないのですが、多分見た目とのギャップと、

    同世代の一般的な女の子と比べたらそりゃまぁ食べるよ、という。

    デザートより、ゴハン!主食欲しい!!みたいな感じでしたしね。

     

    じゃあ何故糖質制限を?

    それは、低血糖症改善のためなんです。

     

    1ヶ月に数回程度の頻度なのですが、

    私はお腹が空くと、冷や汗が吹き出し手足が震え、

    食べるものを取りに行くのもやっと、みたいなフラフラになることがありました。

    振り返ってみると、大抵ゴハンなんかをお腹いっぱい食べた数時間後に起こることが多かったです。

    あんなに食べたのに、こんなフラフラになるまでお腹空くだなんて、

    私はなんて燃費効率の悪い体なのだ…(*´Д`)と嘆いたりしていたのですが。

     

    それは、「お腹が空いたから」ではなく、「血糖値が急激に下がりすぎたから」起こっているのでした。

     

    低血糖症とは?

     

    よくあるのは、糖尿病の治療でインシュリンを投与されている方が、

    インシュリンの作用で血糖値が下がりすぎて起こるもの。

    そうでなくても、食生活や体質?によって日常的に起こる方も結構いるみたいです。

    私は正にそれのようで…

    血糖値が上がって下がる時に、各種不快症状が起こるのでした。

    あーやばい、来る!ってわかるのですが、時既に遅し。

    全身の倦怠感。力が入らない。だんだん震えて、冷や汗だらけになります…

     

    私程顕著に症状が出なくても、

    なんとなくやる気が出なかったり、疲れやすかったり。

    そういうのも、低血糖症が一つの原因だったり、ということもあるそうですよ。

    現代病ですね…

     

    医療関係の知人や医師からは、症状が出てきた時の糖分補給に、

    飴を持ち歩くように言われていましたが、私…飴は好きじゃないのです(´・ω・`)

    なかなか習慣化できなくて、

    会社で症状が出たらコーヒー用のグラニュー糖をそのまま食べたりしていました。(我ながら豪快)

     

    ちなみに、「血糖値スパイク」というものもよく聞くようになってきましたが、

    これも食後の血糖値上昇、下降が激しく、

    血糖値のグラフにスパイク(針のような急上昇・急降下)ができます。

     

    一度調べてみようということになり、妊娠中にブドウ糖負荷試験というものを受けましたが、

    一応正常値の範囲内でした。

    (食後の血糖値上昇を検査するものです。)

     

    血糖値スパイクは糖尿病予備軍とも言われています。

    私も一応正常値とはいえ、実際低血糖症になって実生活に影響があるわけですし、

    食生活には気をつけた方が良いなと感じた次第です。

     

    ゆるゆる糖質制限に小麦粉断ちプラス?

    ということで始まった夜だけ糖質制限生活。

    かれころ1年位続けていますが、

    夜だけ、しかもかなりゆるいので、あまり効果を感じていないのが正直なところ…

    振り返ってみれば、低血糖症になる頻度は大分減ったような気もするかなー位です。

    それが最大の目標ではあるのですが、

    まだ「効果あった!」と喜べるような感じではありません。

     

    血糖値を急激に上げる糖(主に炭水化物)を常にゆるーく避け続けたらいいと思うのですが、

    如何せんお米大好き。パン大好き。

     f:id:harinezumisan:20170602175035j:plain

    そこで、最近気になるグルテンフリー。

    小麦粉断ち。

    「お米は食べても良いよ!」だなんて、なんて優しいスタイル(私に)。

     

    まずは2週間程、完全に小麦粉断ちをしてみようかな。

    パンを食べられないのは辛いけど、期間限定と思えばできそう。

     

    ということで、米粉をポチっと購入してみました。

    あとはやっぱり手軽で食べたくなる麺類。

    ビーフン・フォー・ライスパスタがあれば、しばらく大丈夫なはず!

     

    糖質制限も辞めるわけではありません。

    炭水化物に頼り過ぎの自覚はあるので、

    できる範囲でタンパク質その他の比重を増やすことは意識していきたいと思いまーす!

    カウンセリング

    今はもう夫との関わりがほぼ無くなって久しいので、
    精神的にも割と元気になりました。

    渦中(同居中)の毎日は本当にしんどくてしんどくて、
    カウンセリングや心療内科を検索する日々でした。
    如何せん片田舎、選択肢も少なく、敷居も高く感じて実際に訪れることはありませんでしたが…

    そういうときにも、自治体の相談窓口って大切なのかもしれませんね。
    辛い。怖い。しんどい。逃げたい。
    でも、どうしたらいいのかわからない。
    どこに相談したらいいのかわからない。

    そういうときに、とにかく人に話を聞いてもらい、
    家庭という閉ざされた世界から、少し出て息をしてみる。
    それだけで、息苦しさはちょっと減るかもしれません。

    そして、そこでの相談から、必要に応じて専門の機関につないでくれるはずです。

    ただし…
    「そんなのどこの家庭でもあることよ、貴方の我慢が足りないのよ」的な話にもっていかれてしまう場合もあるそうですね。
    相談員さんとの相性(善し悪しではなくて、相性!)もあると思うので、合わないと思ったら別の方(窓口)に相談することも大切だとよく言われています。

    同じ方から同じ話を聞いても、感じ方は人それぞれ。
    最近よく、そんなことを思います。
    わかりきったことなんですけどね。

    ミニマリストとシンプリスト

    個人的な理解を記しておこうと思います。

     

    巷で話題のミニマリスト

    バックパック1つで、究極「住むところさえいらないよ」まで突き詰めていける、ミニマリスト

    私は、自分がミニマリストになりたいとはあまり思っていません。

    しかし、憧れはあります。

    なんというか、それは私の生活や嗜好と完全に合致するわけではないのだけれど、

    潔さが気持ち良い。

    正直ちょっと不便だとは思いますが、それよりも「モノに煩わされない自分」を貫けるかっこよさ。

    主義主張を感じます。

     

    私は、ミニマリストは目標ではないものの、

    できることを取り入れて、自分に丁度よい塩梅のシンプル具合で生きていきたい、くらいに思っていました。

     

    シンプルライフといえばミニマリスト

    そう思っていたのですが。

     

    シンプリスト、という言葉(概念)もできているんですね。

    コチラのほうが、私にはしっくりきます。

     

    自分にとって不便でない程度に、少ないモノとシンプルに暮らす。

     

    理想と現実の乖離が激しいので、

    まずは1週間に1度のメンテで綺麗に戻れる、そういうサイクルを目指したい。

     

    ◆理想◆

    f:id:harinezumisan:20170526091452j:plain

     

    ◆現実◆(イメージ) 

    いや、今はこれよりは大分綺麗に保ててますけどね。

    こういう時期もあったんです(。ŏ﹏ŏ)

    f:id:harinezumisan:20170526091830j:plain

    新築離婚

    「新築離婚」、話題になってますね。

    この言葉自体は以前からあったようですが、

    ココリコ田中さん夫婦のお話から、また少し認知度が上がりましたね。

    個人的には田中さん割と好きだったんだけどなぁ。

    家庭のことはご本人たちにしかわかりませんものね。

     

    新築離婚とは?

    ラジオで上沼恵美子さんもおっしゃっていましたが、

    この言葉を知らなくても、聞いたら「あー、なるほどね。」と、

    意味するところを想像できる方も多いんじゃないでしょうか。

     

    特に、新築で家を建てたり、似たような大きなライフイベントを夫婦で経験したことが有る方なら。

     

    住宅購入って多くの方が未経験の、大きな買い物ですもんね。

    そういう時に謂わば「本性」が出てしまったり、

    我を押し通そうとしてしまったり。

    ある意味、ストレスフルな作業になります。 

    意見が違うのは当たり前ですからね。。。

     

    そしてやっと建ったと思ったら、今度は新しい環境での生活。

    夢のマイホームのはずなのに、こんなはずじゃなかった!

    思わぬ所にストレスが生じたり、

    問題の原因を相手ばかりに追求したり。

     

    ガラガラガラと、信頼関係が崩れていく、ということも想像できます。

     

    うちも新築離婚?

     

    さて、うちも新築離婚に近いようなところはありますね。

    離婚を決意したのは新築してからではないですし、

    そもそも離婚成立してませんけど!

     

    大雑把に説明すると、

    もう離婚するしかないかもしれない、と私が(或いはお互い?)感じている所に、

    無理やり夫が新築購入をぶち込んできた。

    というところでしょうか。

     

    もちろん私はやんわり反対(というか延期提案?)しますが、

    そうすると「お前は黙れ!文句言うな!」攻撃。

    (文句と違いますけど)

     

    夫は、今欲しいんです。

    どうしても、イマ ホシイ んです。

    しかも、対外的には妻に配慮したっぽく見えるんです。

    一石二鳥!

    それを邪魔する妻?そりゃー邪魔者でしか無い。

     

    詳しくはコチラ↓

    harinezumisan.hatenadiary.com

     

     

    でも、そういう夫(関係が良好でない時に家を買おうとする夫)って、

    一定数居らっしゃるようですね。

    「新しい家を買って、環境も気分も変われば、この関係悪化も良くなる」という考え(或いは無意識)からのようですが、

    なんという楽観主義!盲目!お気楽!

     

    基本的には、物を買い与えて愛情表現をした気になってるのと同じ構図なんでしょうかね。

    モノ(お金)で解決しようとするんじゃなくて、

    まず自分が向き合わないとダメだよねぇ。

     

    f:id:harinezumisan:20160625002728j:plain