読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在別居中。

    なんでもない日、おめでとう

    お誕生日でもお正月でもなんでもない日ですが、

    心境の変化というか、心構えというか、記しておこうと思います。

    f:id:harinezumisan:20170316150027j:plain

     

    Aboutページにも書きましたが、、、

    ブログを始めた当初は、夫とのこと、離婚に関することだけを綴るつもりでいました。

     

    ですが。

    そうすると、なんだか辛いブログになってしまうので、

    カテゴリーを分けていろんなことを書いていくことにしました。

    モラハラだったと思われる夫のこと、夫とのこと
    ・これからの生活のこと、未来にむけて
    ・私と子どもの日常
    ミニマリストに憧れる凡人(というか汚部屋手前のズボラ人間)生活のこと
    ・生活や心の整理(ライフオーガナイズ、メンタルオーガナイズ)について


    夫とのことは完全に過去のことになって、

    フツーの他愛ない日常を綴ることがメインになっていけばいいな、

    と思っています。

     

    今は、子どもが元気で私も元気で、「幸せだ」と言っても間違いではないと思います。

    でも、少し心にひっかかるモヤモヤ。

    生活の上での不便、イライラ。

    そういうのを、少しずつ改善していけたら、と思いながら過ごしています。

     

    基本、頭でっかちなので

     

    すが、「案ずるより産むが易し」を目標に、

    心と体と生活の健全化をはかっていきますよー!

     

    ティッシュの節約

    子どもがいたりすると、ティッシュの消費量増えますよね。

    私は割とモッタイナイ精神が強め(平たく言うとケチ…)なので、

    シュッシュッシュッシュッと使いまくることもないのですが、

    やはり子どもがいてタオルや台拭きが間に合わない時など、

    消費量は増えます。

     

    男性だと特に、気軽にガシガシ使いがちな方も多いですよね。

    (あくまで傾向としてね。)

     

    子どもの鼻を拭く時、

    実家の母が半分にして拭いてあげるのを初めて見た時は衝撃を受けたのですが、

    世の中にはそれ専用のティッシュボックスまであるんですね。。。

     

    こういうの。 

    シンプルで素敵。

     

    こんなのもかわいい。

    普通のティッシュやトイレットペーパーがセットできるというもで、

    ハーフティッシュ用とはなっていませんが、半分でもセットできるようです。

    トイレットペーパーを日常使いという選択肢はまだないのですが、

    吸水力がいいので寧ろ使いやすいという意見もあったりで、要検討ではありますね。

     

    こういう専用のティッシュボックスを購入する費用と、

    半分にした節約で浮いてくる費用を比べると…

    本末転倒な気もしないでもないのですが、

    どうせ使うなら心が踊るアイテムを使いたい!

     

    そう思って、Amazonで別のものを買うついでに、

    シンプルなデザインのものを700円程度で購入しました。

     

    そしてその購入した次の日位に、

    なんと地元のスーパーの在庫整理で300円で売っているのを発見!

    実家の母にも買おうか迷っていたので、速攻お買い上げ~!

    300円で手に入るなら、ティッシュ5箱のセットで1回分とそう変わらないので、

    使用量が半分に減ったなら2回で元がとれることになりますね♪

     

    私は実物を見たことが無いのですが、

    100円ショップにもシンプルなケースがあるようです。

     

    そんなのいらない!元手0円で済ましたい!という場合は、

    テッシュの箱自体も半分に切って、

    ある程度切り込み線を入れればうまく噛み合うので半分サイズにできるみたいですよ。

    かわいい箱ティッシュなら、それもアリかなー?

    こちらのブログが参考になりました♪

    suteru57.blog.fc2.com

     

    節約にもトキメキを♪

    紅茶か珈琲か

    紅茶と珈琲、どちらがお好きですか?

    私はどちらも大好き!!!

    ですが、どうしても手軽なのと欲しくなるので(プチ依存症?)珈琲を毎日何杯も飲んでしまいます。

      

    しかし、私は紅茶を飲む女性が好き。

    えぇ、完全に偏見ですが、

    紅茶を優雅に飲む女性に憧れます。

    f:id:harinezumisan:20170314162757j:plain

    憧れだけが先行して、

    お茶に関する本(緑茶や抹茶も好きなのです)を買ってみたり、

    いろんな紅茶を買ってみたりしても、結局珈琲ばかり飲んでしまう私。

    実家では毎朝のように紅茶を飲むので、賞味期限が切れそうなものを結局譲る(押し付ける?)という…

     

    ティーポットじゃなくて、小さな急須で淹れるようにしたら、

    ちょっとハードルが下がったかも。

    芳しいバニラエッセンスを落とすと、ちょっとテンション上がるかも!

    (紅茶の美味しい香りが負けちゃうので、時々ですが。)

     

    精神的なものなのか、体調によるものなのか、

    珈琲を飲むと胃が荒れてきた感が出て来ることもあるので、

    少しずつ紅茶比率を高めていきたい、と本気で思う今日このごろです。

     

    紅茶を淹れる心の余裕を:)

    名前を呼び間違えられた時

    先日子どもと病院に行った際に、

    夫に対する違和感というか、価値観の合わなさを感じていた出来事を思い出しました。

     

    夫の姓(今は私の姓でもありますが)は、

    漢字は簡単で、見たこと有るような名前なのですが、

    読み方が特殊です。

     

    例えばですが、

    漢字は「田中」、読み方は「タナカ」ではなく「タチュウ」みたいな。

     

    なので、すーーーーーっごく間違えられます。

    珍しい苗字なら皆さんフリガナを確認されると思いますが、

    如何せん「田中」ですから。フリガナわざわざ確認しないのも仕方ない。

     

    案の定、今回の病院でも何度か間違えられました。

     

    そんな、間違って呼ばれた時。(病院や銀行、市役所など…)

    さぁ、アナタならどうする?!

     

    1. 名乗り出た上で、「あの、タチュウなんです。」と訂正する。

    2. 名乗り出た上で、特に訂正しない。

    3. 「私はタナカではないので。」と頑として名乗り出ない。相手が訂正するまで無視。

     

    さてさてどうしましょう。

     

    1が多いでしょうか。というか1が一番タダシイ気がします。

    正しいってどういう基準においてかわかりませんが。

     

    私は完全に2です。継続的に関わる相手なら1の訂正ですが、

    別にその時呼び間違えられたところで何の支障もないし、

    申し訳ないと相手に思わせるのも忍びない(何じゃそら)。

    というか正直面倒というか(すみません)。

     

    とにかく、病院なり銀行なりで用事を済ますことにおいて、

    呼び出されたら名乗り出ないと始まりません。

    とりあえず窓口に行くよね、呼ばれ方が間違ってようと。

    それを訂正するかしないか、するならどんな態度なのかは人それぞれ。

    怒り口調の人もまぁいることでしょう。

    そんなことにいちいち怒ってたら生きにくいよなぁ、とは思いますが。

     

    さて、件の夫。こういう場合どうするか?

    おわかりですね、そうです3です。

    「俺、タナカじゃないし。タチュウってちゃんと書いたから。」とおっしゃり、

    動こうとしません(ビックリ)。

     

    名前を間違うって結構失礼だとは思います。

    それが、わざわざフリガナ表示されてたり、書かされてたりしたら尚更。

    なので、呼び間違う人に非があることは否定しません。

    もっとちゃんと確認してよ、仕事でしょ、という気持はわかります。

     

    しかし、自分のこと呼ばれてるってわかってるのに無視するって、

    どんだけ根性悪いのだーーーーーーーーーー!!!

    そりゃーモラ様大好物の「相手の非」。際立たせて攻め込まないと損だよね!

     

    というお話でした。

    なかなか進まぬ。

    光陰矢の如し。

    3ヶ月近く開いてしまいましたね。

     

    その間、1度調停をして、久しぶりに相手方出席でした。

     

    もう、弁護士雇ってほしい。

    1時間以上相手方の話を聞いてくださった調停員さん、

    やはり「話が二転三転するのでわかりませんが、」と前置きした上で

    その話を私に伝えてくださいました。

     

    そうなの。二転三転するの。

    「え?さっきと話が逆ですけど。」

     

    ってなるの。

     

    モラハラ加害者の精神年齢は7歳位で止まっているという説。

    知恵のついた子供。厄介。。。

     

    逃げ恥からの考察

    とか大層なタイトルをつけておきながら、

    ドラマ見て自分の経験思い出したわー、というだけのお話です。

     

    火曜のドラマ「逃げれば恥だが役に立つ」

     

    源さんが割と好きなので、なんとなく見始めたドラマ。

    すごく人気なようですね。

    契約結婚

    賛否あるでしょうけど、一つのカタチとしていいんじゃないかと思ってしまう。

     

    今回、ちょっと気になったシーン。

     

    みくり(新垣結衣)の元カレカップルと、新婚旅行(実際は雇用主と従業員の慰安旅行)先で、まさかの遭遇。

    元カレが旅館に無理難題をふっかけている。

    明るいクレーマー

     

    平匡(星野源)が、それを見てみくりに話しかける。(元カレとは知らない。)

    「彼も理解できないけど、付き合ってる彼女もどうかと思う」的なことを言う。

     

    それー!!!!!!

    そ・れ!!!!!

     

    私は、夫と居る時、それはもう頻繁に、恥ずかしい気持になっていた。

     

    公衆の面前で怒鳴り散らしているとき。

    お店の人に無理難題をふっかけているとき。

     

    あぁ、消えたい。

    恥ずかしい。

    「こんな人と何故一緒に…」と思われてるやろうし、自分でも思う。

     

    恥ずかしいことをしているのは私ではないけど、

    その恥ずかしいことをしている人とある意味では一体の私。

    そんな人といること

    そんな人を止められないこと

    なんかとにかく恥ずかしかった。

     

    そんな自分が耐えられなくて、よく、意識が私から離れている感覚に陥っていた。

    遠くから自分たちを見ている感じ。当事者じゃないと思い込みたかったのかな。

    言いたいことも言えない関係

    私が別居の直前、新居の間取り等について話し合ってた頃の話。

     

    え、別居するのに新居?という内容はコチラ↓ 

    harinezumisan.hatenadiary.com

     

    「いますぐ家を買う必要はない、ゆっくり考えよう」ということについて、

    私は夫を説得することを諦め(話が通じないから仕方がない)、

    とりあえず1%でも一緒に済む可能性がある家を住みよいものにするべく、

    乳飲み子を抱えてハウスメーカーと新居の打ち合わせを行っていた。

    (まぁ乳飲み子を抱えての打ち合わせは、とても一般的なことではある。)

     

    その打ち合わせの進め方について、

    営業マンが夫のいない時間に家にやってきて、

    「昨日の打ち合わせ後、大丈夫でしたか?奥様は旦那さんがいらっしゃる時にはおそらく言いたいことも全然言えてないご様子なので、打合せ自体は平日の昼間に奥様主体で進めて頂いて、何週か毎の土日に旦那様も交えて確認していく、という進め方が良いのでは無いかと思いますが如何でしょうか。(意訳)」

    と言われた。

     

    この進め方自体は、何も特別なことではなく、打ち合わせを円滑に進めるためには普通のことだと思う。

    旦那さん、土日しかいないのが一般的やし。

    平日の昼間に、奥さんと細かい部分詰めて、土日に旦那さん含めて再確認。

     

    しかし、言い方。

    めっちゃ気を遣われてる感じ。

    心配されてる私。

    いや、営業マンなので、いくらか割り引いて考えないといけないこともわかる。

    寄り添い営業というか。

     

    しかし、営業マンの前できちんと円満に話し合えている夫婦の場合、

    「大丈夫でしたか?」なんて切り込みは不要だろう。。。

    まぁ、「大丈夫でしたか?」と聞かなければならないような夫婦も、少なくはないのかなぁ。。。

     

    私は、打ち合わせの場でも、萎縮して何も言えない、という状態にはなっていなかった。

    夫の話に、「それはおかしい!」と思ったら言い方を考えつつも意見を言ったし、

    「乗り気ではない」という話はしっかりしていたつもり。

    それでも、第三者に「言いたいことが言えていない」と感じさせる態度だったということなのか。

     

    夫はだんだん興奮してくるので、そうなると私はひくからかな。

    だってそうなると何も届かないからね。。。