はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在絶賛別居中。

    保育料が決定

    今月に入り、保育料の決定通知が届きました。

     

    今までは一部育児休業中が含まれた年収を元に決定されていたのですが、

    今回からは1年分まるまるの年収で計算されます。

    そして、保育料は毎月1万円以上上がることになりました(*_*)

     

    現在別居中。

    離婚調停もしましたが、離婚は成立せず、2年以上経過しました。

     

    しかし、今年頭頃に確認した内容ですが、

    うちの自治体では

    離婚が成立するまでは、「ひとり親家庭」に準ずるものとしてみなしてはもらえないそうです。

    (なんとか、夫の収入を含めることだけは免れました。)

     

    harinezumisan.hatenadiary.com

     

     

    今回決定した金額は、

    同じ年収のひとり親家庭用の金額と比べると、

    毎月21,000円も高い保育料になります。

    つまり、離婚さえ成立していれば、毎月21,000円も負担が減るのに!

    悔しい。

    しかし、離婚してくれないんだから仕方がない。

    そういうオトコを選んでしまった私が悪い。

    はい、ぐうの音も出ません。

     

    f:id:harinezumisan:20170821125510j:plain

    がーん

    所得税寡婦控除も受けられないのになぁ~(T_T)

     

    3歳になって児童手当の額も減ったし、

    気を引き締めていかないとですね!

     

    ヘアスタイルの決定

    台風も過ぎ、秋めいてくると、

    おしゃれしたくなりますよね。

    髪型については、長年定まらずにいます。

     

    f:id:harinezumisan:20170919105036j:plain

    こどもができるまで

     

    学生時代は、基本黒髪ストレートロング。

    大学の時に時々パーマかけたりしたくらい。

     

    働きだしてから、なんとなくさっぱりしたくて基本ショートに。

    周りからは概ね似合うと好評。

    しかし、(愛を込めて)こけしちゃんとからかわれたり、

    結局ほんとに似合ってたのかなんだったのか。

     

    多分、小柄なのでロングよりショートが合うのは確か。

     

    髪が伸びたりパーマあてたら、

    冗談で「(オンナっぽくするのは)気持ち悪いからはよ髪切ってこいよー」とか普通に言われてました。

    男社会、昭和スタイルが未だに抜けない小さな老舗の会社でしたから。

    私はいじられるのを良しとして、割とうまいことやってたと思う。

    もちろん、多少(いや大いに?)すり減ってたけどね。

    小娘をハブることなくかわいがってくださったことには、感謝しきれないのも事実。 

     

    話が逸れました…

     

    こどもができてから

     

    母になったら皆髪切るよねーとか言われません?

    いやいや。確かに、忙しいお風呂の最中やお風呂上がり、

    ショートやボブの方がラクなのは確か。

    しかし。

     

    子どもが生まれたら、

    美 容 院 に 通 え な い !

     

    つまり、ショートやボブをキレイに維持することは困難。

    最後に美容院に行ったのはいつだろう。

    私ボブだったはずなのに、最近ポニテばっかり。

    みたいになってくる(*_*)

     

    私だけでしょうか。

    私が突出してズボラというか外見に構わないということなのでしょうか。

     

    特に私、子どもを預けて出かけるっていうことが、

    「フツーの家庭」の方たちよりハードルが高い。

    別居前、夫に預けるなんて不可能だったし、

    別居後はシングルマザーみたいなもん。

    実家にお願いして、何度か美容院に行かせてもらいましたが、

    頻繁には頼みにくい。

     

    ハイ、今現在最後に美容院に行ったのは、3月です。

    半年行ってない。

    ロングならありな気がしますが、ボブにしたはずです、私。

     

    今はギブソンタックでごまかしてますが、

    短いので毛先がぴょんぴょん出て来ます(T_T) 

     

    保育園行きだしたらボブでもいけるかなーと思ったんですけどね。

     

    やっぱり、もうちょっと大きくなるまでボブ(orショート)の維持は難しいかな。

    もうちょっと自制がきくよういになったら、

    キッズコーナーがある美容院に連れて行って、待っててもらうという選択ができるようになるはず。

    カットだけなら。

     

    ということで、今はまだ我慢かな。

    アレンジもできる。伸びっぱなしでも多少は大丈夫。という点から、

    セミロングでできるだけパーマあてとく

    というのが現在の最適解ですかね。

     

    骨格診断的からみても、

    ウェーブタイプにはショートやボブは寂しすぎるのでパーマスタイルがいい、というセオリーがあります。

    それでも私の理想はショートの維持なんですけどねー。

     

    ちなみに

    前髪は安定のオンザ眉です。

    今は眉全開の斜めバング。

     

    割と目つきがキツいのでワンレンとかにしたら怖い。

    そして偏頭痛持ちなので、前髪が目にかかるのは絶対無理。

    というマイナス面からの理由と、

    単純に好みの問題。

     

    しかし、ショートバングとコンサバファッションのバランスは

    割りかし悩むところでもあります…

    リュック問題

    絶賛幼児子育て中。

    バッグはもちろんリュック?

    いえ、、、私、リュックが劇的に似合わないんです。

    (カジュアル苦手+背が低い → え、どうした?ってなる)

    そして、基本車移動が多いので、リュックなしでこれまでなんとかなってました。

     

    しかし、そうも言ってられない今日このごろ。

    1. 押し入れを整理して、むかーしお土産で頂いたロンシャンのミニリュックを発見。
      使ってみたら、なんとまぁ、快適なこと!軽い!自由!

    2. 子どもが走る走る。慎重派でおとなしめだと思ってたけど、
      最近いろんなことに慣れてきたのか、外でもやんちゃになってきた。

    3. 先日宣言した趣味の活動(過去記事:やってみよう)が始まり、
      交通費節約のため、試験的に電車移動を選択。
      楽器と荷物持って、子連れの電車移動…。要るよね~、リュック。 

     

    こんな感じで、リュック調達の必要に迫られています。

    半年程前にロンシャン発見して使ってみた時も、大きめ買おうか迷ったんですが、

    まぁなんとかなってるし、子どもは言うてる間に大きくなるし、と見送ってました。

    しかし、最近2と3の状況が。。。もう、買うしか無いよね。

     

    さて、しかし、何を買う?

    どこに行っても、猫も杓子もanello状態に閉口しているのでanelloは却下。

    すみません、ひねくれ者で。

    そもそも、カジュアル系が難しい。

    もちろん、人が持ってるのは素敵なんですが。。。

     

    求める条件の整理

    • きれいめ
    • ネイビー or グレー or くすみカラー
    • 大容量(でも小柄なのでゴツすぎるのは無理)
    • 軽量
    • 譜面台が入る(高さが必要)
    • 価格
    • フィーリング(欲しい?ときめく?)

     

    候補たち

    ポーターのナイロンリュックとか、

    昔から軽そうだし素敵だなーと思ってたんですが、

    高さが無いので、全く譜面台が入りません。

    そして、価格がネック…独身時代なら躊躇なく買うけど、

    シングルマザーですよね、アナタ。と別の私が申しております(T_T)

     

    Lなら大分高さも出てくるけど、横幅もあってちょっとゴツさが強くなってくる。

    よく見るのはやっぱりブラック。カッコイイ。 

    自分用なら、この下の方がしっくりくるかな。

    でもこれになるとやはり高さが全然足りない。

    何かを手に入れるには、何かを諦めざる得ないのか…

     

    私はロードバイクには乗りませんが。ビアンキカラーは好き。

    ビアンキのリュックを何かで見て、

    すべてのバッグの内布がイメージカラーの”チェレステ”で統一されていて、

    それがまたとってもキレイで欲しいと思ってました。

    大容量で譜面台も入る!

    価格もまぁそこまで高くはない。(1万円程度)

    しかし、やっぱり漂うカジュアル感。

    私の普段の服装との乖離。

     

    この下の、限定anniversaryモデルなら単色だしいける?と思いましたが、

    ネイビーもチェレステも売り切れ(黒と白のみ在庫あり)で、

    価格も2万円と、ちょっと跳ね上がる。。。

     

     

    結局・・・

    吟味に吟味を重ねて、楽天で見つけたこのナイロンリュックに決めました!↓↓

     

    もうひと回り小さいサイズもありますが、やはり荷物が多くなるので大きい方で。

    それでも、ゴツすぎる印象は低め。

    多分譜面台はギリギリ入りません(*_*)

    数値上、2cmオーバーする計算。

    うまいことサイドポケット(ペットボトルとか入れるやつ)に立てて、上を固定したらいけるんじゃないかと目論でいます。

     

    普段使いすること(大きすぎると俄然似合わない)と、

    譜面台を持ち運べること(高さがないと無理)の両立の困難さ。

    譜面台を持ち運ぶ際の、ちょっとの不便さと不格好さを諦めて、

    普段使いできる雰囲気をなんとかキープ。

    最善かどうかは疑問ですが、納得いくレベル。

     

    予約販売になってしまいますが、今月中には入手できそうです♪

    楽しみ(*´∀`*)

    不成立…

    なかなかうまくはいきません。
    夫もやっと、「離婚する」って承諾したのに…

    f:id:harinezumisan:20170821125526j:plain

    夫にとって、離婚が最大限の譲歩であり、
    条件面で譲歩する気はさらさらないそうです。

    譲歩もなにも、あなたの主張おかしいですからー!

    そもそも前提が全然違う。
    こっちは夫が怖くて逃げてきた訳です。
    話し合いや改善の努力もたくさんした上で、どうにもならないところまで来て出てきた、という状況。

    夫に言わせると、
    「突然妻子に出ていかれて、被害者はこっちの方だ」
    という認識の模様。
    いままで散々「反省している、変わるから見ててほしい」と言ってた話が覆るけど大丈夫かい。
    一体全体何を「反省」していたのでしょうか。

    宇宙人レベルの夫、やはり調停での解決は無理な模様。
    窮地にたたされると(無意識に)激昂する夫、最終的にはちゃぶ台返ししそうな勢いだったらしい。

    調停委員さんに、
    「調停委員としての無力感を感じます。お役に立てずすみません」とまで言わしめるモンスター。
    こちらこそ、ややこしい案件持ち込んで申し訳ありませんでした。
    調停委員のお二人にはとってもとってもお世話になりました。

    夫と戦うつもりも刺激するつもりもなくて、
    できるだけ穏やかに終わらせたかったけれど、
    こうなるともう徹底的に責めるしかなくなるよね…

    夫…無駄に敵を作っているのは自分の言動の結果であることに気付いたら(そして改めたら)、もっと楽しく生きられるだろうに。

    1年半ぶりのカオス~混沌~②

    前回の続きです。 

    harinezumisan.hatenadiary.com

     

    次の調停期日が来る前に、不本意な直接話し合いを実施しました。

     

    突然の日程連絡

    6月の期日から、8月末の期日まで、2ヶ月以上ありました。

    そして、7月に代休を取らないといけないからその時に、

    と言っていたけれど7月が終わり。

    「またか・・・もう取り下げかな。」と思っていた8月の初め、突然連絡が来ました。

    日程候補を入れてきて、話し合いできませんか。それだけ。

    うち2つは、メールが来た日の数日後に迫る週末の日付でした。

     

    こっちにも予定あるから…実際予定があったので、

    候補のうち最後の1日(Xデーとしよう)なら時間取れそうなことを伝え、

    そちらが言い出した話し合いで、第三者を挟むことを条件に応じると伝えたはずですが、その準備もできてるんですか?

    と返信。

     

    その後、放置される。どうしたらいいの。

    第三者なんて準備していないと思うけど、それなら「そちらでなんとかしてくれ」って早く言ってくるものじゃないの。場所も時間も何もワカラン。

    結局、催促もして、Xデーの数日前にやっと返事が来た。

    「第三者はこっちで用意していいと思ってなかったからしてません、

    もともと家に伺う予定でした」

    と。

     

    家に来ないで、と何度伝えたかわかりません。

    (別居当初、突然押しかけてきたりしてた。)

    もともとってなんやねん。勝手に予定にしないでください。

     

    丁重にお断りし、喫茶店で私の父に同席してもらうことになりました。

     

    さぁ、ご対面

    開口一番「皆さん元気そうで良かったです。 」と。

    み、みなさん?父と私?そうね、元気ですよ…

    父は今回、傍観者として来ているので、二人でどうぞ、と最初に言ってくれました。

     

    最初に、「そんな大したことしてないと思うんだけど」と言われました。

    それが本音よね。反省してる、とか言ったの誰ですか。

    この時点で、もう成り立ってないよ、その反省。

    口先だけでしたよーって自ら告白しちゃってるよ。

     

    「このまま別居してて、何も変わらないので、もういいよ」

    と言われ、ハテナ?となる私。

    もういいとは、離婚してもいいってこと?と聞こうと思ったところに、つらつらと話し始めた。

    「破綻しているから。裁判したら離婚できるし。裁判してもらっても構わない。

    でも、養育費は払うつもりない。勝手に出て行かれて、そんな酷い話はない。」

    私「あの、私が100%悪いとは思っていません。でも仮に、私が100%悪くて離婚に至ったとしても、子どものことは別の問題で、養育費は子どもの権利です。」

    って言ったけど、聞いちゃいません。ヒートしてきた。

     

    夫が話したこと

    ・生前贈与したお金(夫は贈与と認めず、預けただけだと言い張る)を返してくれ

    ・結婚する相手を間違えた。今日会ってよくわかった。

     (これ、会って結構早い段階で言われた。私まだほとんど発言してない。何?見た目?笑)

    ・養育費は払わない

    ・勝手に出ていって、離婚されて、養育費まで当てにするなんておかしい。

    ・最初からそのつもりだったんだろう。子どもができたから離婚すればいい、ってな。酷い話だ。

     (子どもだけが目的なら、もっと条件のいい遺伝子を求めるよ。って言ってやりたい。)

    ・如何に今自分の生活が苦しいか云々。借金までしている(別居後外車に乗り換えた人が言う?)

    ・息子は片親に育てられ、ロクな子どもにならない(この発言には父も心底驚いていた。)

     親(私の事)の背中を見るからな。

    ・自分も片親だったが、自分の場合は祖母に似たから(と胸を張る。何だ?立派だと言いたいの?)

    ・良いご身分だな。甘い。

    ・私?の仕事っぷりが甘い、考えが甘い

     

    他にも、人の通帳に入金して「預けただけ」なんて言い分は普通通らないでしょ、という説明をするために、「そんなことを認めたら脱税だってできてしまうし、一般的には認められないんじゃないかな」みたいなことを父が言ったら、

    「自分はそんなことしていない、やましいことはない、通帳全部調べてもらっても良い」みたいに息巻いていた。

    「今そんな話(脱税とか)をしている訳ではないし、貴方がしているなんて思ってない」と言うと、

    今度は「何故私をかばうような発言をするのか」とか言い出すし、もうカオス。

    こんな調子で、話は進まないのよ。

    今そんな話してない!!!!論点じゃない!!!!!

    あー、久しぶりに、カオスワールドに引きずり込まれそうになった。

     

    結局父の助け舟で、二人で話し合っても平行線で解決はしないから、お互いの主張を専門家なりに判断してもらうしかないでしょ、となった。

    私(父)じゃ無理(専門家でもないし、本当の意味での第三者じゃないから)だから、調停なり裁判で言いたいことを言ったらいいよ、それが10:0で認められることは無いだろうけど、7:3になるのか、5:5になるのか、とにかくここでこのまま話しても何の解決にもならないでしょ、と。

    うん、わかりきってた(T_T)

     

    調停では、「変わったのを見てもらいたい」という話も聞いてたけど、どこ行った?

    まぁ、「離婚してもいい」となっただけ、進歩か。

     

     

    得られた(?)もの

    ・離婚とは直接関係ない懸念事項が1つ解決できそう。口約束ですが。

    ・夫は変わることはないんだという確固たる確信が、更に更に揺るぎないものになった

     (父も、店を出るなり、「なーんにも変わってなかったな。」と一言。うん…)

    ・「離婚しない」と言っていたのが、「離婚はしてもいい」に変わった

     (いやでもふりだしに戻った実績があるから、楽観はできない)

     

    とにかく疲れた

    全く子どもの様子を尋ねる等もなく、とにかく呪いの言葉や蔑みの言葉を浴び続けた感じです。

    とにかく父に申し訳ない。

    私達を下に下に貶めないと、自分を保ってられないのだ。

    そう思いながら、右から左に努めて受け流しました。

     

    f:id:harinezumisan:20170821125456j:plain

    1年半ぶりのカオス~混沌~①

    調停申し立てをしてから会ってなかったのですが、

    (正確には、婚費の調停成立時に同席はしてますが。)

    調停を進めるには直接会って話すことが不可欠だと主張するので、

    二人きりではないことを条件に会ってきました。 

    f:id:harinezumisan:20170821125540j:plain

    そもそも調停の状況

    何度か書いてますが、1年半の調停で、特に進展はありません。

    一度「離婚はする」と言い、進みかけましたが、

    期日の期間が開く(夫の忙しいアピールによる)こともあり、ふりだしに戻り、皆疲弊。

     

    端的にまとめると、

    1. 夫:反省した、離婚は考えてない

      私:特に気持ちに変化はありません。離婚したいです。

    2. 夫:お前(私)のせいだ、俺は辛い、生活も苦しい、謝れ!金返せ!

    ~終了~

    数十分前に、「反省した、変わっていくつもり」と言った口が、

    「謝れ!」と畳み掛ける矛盾について、

    どうして気がつけないのでしょうか。。。

     

    話し合い決行の経緯

    前々回(3月)の調停で、夫が「直接会って話さないと妻の真意が見えない」と言い出しました。

    調停員さんの話によると、まだやり直す僅かな可能性を信じたい様子とのこと。

    やり直す可能性、こちらとしては0ですが、上手く伝えてくださり、

    次の5月の期日(つまり、前回の期日)までに、夫が私に連絡し、直接話し合いをするという予定でその日の話は終わりました。

     

    私は直接話し合う必要性を感じていないし(というか嫌)、相手が言い出したことです。

    第三者を挟むなら、と渋々了承しました。

    散々協議して、話し合いに全くならないから調停しているのに、

    この期に及んで何を話し合うのか謎ですが、実施しないと進まないと言っている以上、実施するしかありません(*_*)

     

    しかし、待てど暮せど連絡は来ない。まぁ、予想通り。Mr.有言不実行 ですから何の不思議もありません。

    その上、毎度のことながら「調停期日に出張が入った」と5月の期日をキャンセルしてきました。

    結局6月に変更になったのですが、期日に行くと、またしても「離婚する気持ちはない、とにかく直接話さないと」とおっしゃっている模様。

    ど・の・口・が!!!!!

     

    仕事(長期出張)で忙しかったから日程を取れなかったとさ。

    ハイハイ、たった数時間の自由も無いほど働かされてるんですね。

    その会社、大丈夫でしょうか。

     

    そんなに言うなら、今この場で、調停委員さん同席で話し合えませんか、と聞いてみました。

    可能ではあるそうなので、本人に提案して頂きましたが、さしたる理由も提示せず却下。

    「直接話す」という目的はすぐに果たせる状況なのにね。

    ま、これも Mr.口先だけ ですから、予想通りの反応です。

     

    7月に絶対代休を取らないといけないから、次こそは話合いを必ずする、と言うので、進展の無いまま、この日も終了。

     

    この時、調停員さんと私の中では、9割「突然の取り下げ」を行う腹積もりになっていました。このことはまた別の記事で。

     

    この記事も長くなったので分けます^^; 

    ごっこあそび

    最近の我が子の遊びブームは、
    お店やさんごっこと、バス停の係員さんごっこ。
    もうひたすら、喋り続けています。

    オレンジのバス来まーす!
    ドアまだ閉まってまーす!
    はい、乗ってくださーい!
    コロコロ(キャリーバッグ)はここにしまってくださーい!
    ドア閉まりまーす!
    出発しまーす!
    エディオン(何故?)行きまーす!

    エンドレス。
    元気…

    お店やさんのときは、伝票片手に注文取って、
    色んな食べ物を提供してくれます。
    お代は200円か5,000円か20,000円。幅ありすぎ。
    そして、大抵お釣りで全額返してくれます笑

    私がコロッケ、ばあばがトンカツを注文したときのこと。
    いつもならローテーブルで料理をつくる真似をしに行くのに、何故か工具のおもちゃのところに直行。
    はいどうぞー!と、ばあばに金槌をくれました。

    トンカチか…!!!!

    f:id:harinezumisan:20170817095431j:plain

    一瞬の沈黙のあと、爆笑するばあばと母。
    息子も訳もわからず一緒に笑ってました☆