はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在別居中。

    ゆる糖質制限から、期間限定グルテンフリーへ。

     

    現在、夜だけゆるーく糖質制限しています。

     

    ゆる糖質制限を始めた背景

     

    私はどちらかというと痩せ型。

    ダイエット(減量)したい訳ではありません。

    (だからといってスタイル良い訳では決してありません。脂肪はあるし、筋肉無いからダルダル…)

     

    昔から、やせの大食いと言われるタイプでした。

    そんなに大量に食べるわけではないのですが、多分見た目とのギャップと、

    同世代の一般的な女の子と比べたらそりゃまぁ食べるよ、という。

    デザートより、ゴハン!主食欲しい!!みたいな感じでしたしね。

     

    じゃあ何故糖質制限を?

    それは、低血糖症改善のためなんです。

     

    1ヶ月に数回程度の頻度なのですが、

    私はお腹が空くと、冷や汗が吹き出し手足が震え、

    食べるものを取りに行くのもやっと、みたいなフラフラになることがありました。

    振り返ってみると、大抵ゴハンなんかをお腹いっぱい食べた数時間後に起こることが多かったです。

    あんなに食べたのに、こんなフラフラになるまでお腹空くだなんて、

    私はなんて燃費効率の悪い体なのだ…(*´Д`)と嘆いたりしていたのですが。

     

    それは、「お腹が空いたから」ではなく、「血糖値が急激に下がりすぎたから」起こっているのでした。

     

    低血糖症とは?

     

    よくあるのは、糖尿病の治療でインシュリンを投与されている方が、

    インシュリンの作用で血糖値が下がりすぎて起こるもの。

    そうでなくても、食生活や体質?によって日常的に起こる方も結構いるみたいです。

    私は正にそれのようで…

    血糖値が上がって下がる時に、各種不快症状が起こるのでした。

    あーやばい、来る!ってわかるのですが、時既に遅し。

    全身の倦怠感。力が入らない。だんだん震えて、冷や汗だらけになります…

     

    私程顕著に症状が出なくても、

    なんとなくやる気が出なかったり、疲れやすかったり。

    そういうのも、低血糖症が一つの原因だったり、ということもあるそうですよ。

    現代病ですね…

     

    医療関係の知人や医師からは、症状が出てきた時の糖分補給に、

    飴を持ち歩くように言われていましたが、私…飴は好きじゃないのです(´・ω・`)

    なかなか習慣化できなくて、

    会社で症状が出たらコーヒー用のグラニュー糖をそのまま食べたりしていました。(我ながら豪快)

     

    ちなみに、「血糖値スパイク」というものもよく聞くようになってきましたが、

    これも食後の血糖値上昇、下降が激しく、

    血糖値のグラフにスパイク(針のような急上昇・急降下)ができます。

     

    一度調べてみようということになり、妊娠中にブドウ糖負荷試験というものを受けましたが、

    一応正常値の範囲内でした。

    (食後の血糖値上昇を検査するものです。)

     

    血糖値スパイクは糖尿病予備軍とも言われています。

    私も一応正常値とはいえ、実際低血糖症になって実生活に影響があるわけですし、

    食生活には気をつけた方が良いなと感じた次第です。

     

    ゆるゆる糖質制限に小麦粉断ちプラス?

    ということで始まった夜だけ糖質制限生活。

    かれころ1年位続けていますが、

    夜だけ、しかもかなりゆるいので、あまり効果を感じていないのが正直なところ…

    振り返ってみれば、低血糖症になる頻度は大分減ったような気もするかなー位です。

    それが最大の目標ではあるのですが、

    まだ「効果あった!」と喜べるような感じではありません。

     

    血糖値を急激に上げる糖(主に炭水化物)を常にゆるーく避け続けたらいいと思うのですが、

    如何せんお米大好き。パン大好き。

     f:id:harinezumisan:20170602175035j:plain

    そこで、最近気になるグルテンフリー。

    小麦粉断ち。

    「お米は食べても良いよ!」だなんて、なんて優しいスタイル(私に)。

     

    まずは2週間程、完全に小麦粉断ちをしてみようかな。

    パンを食べられないのは辛いけど、期間限定と思えばできそう。

     

    ということで、米粉をポチっと購入してみました。

    あとはやっぱり手軽で食べたくなる麺類。

    ビーフン・フォー・ライスパスタがあれば、しばらく大丈夫なはず!

     

    糖質制限も辞めるわけではありません。

    炭水化物に頼り過ぎの自覚はあるので、

    できる範囲でタンパク質その他の比重を増やすことは意識していきたいと思いまーす!

    カウンセリング

    今はもう夫との関わりがほぼ無くなって久しいので、
    精神的にも割と元気になりました。

    渦中(同居中)の毎日は本当にしんどくてしんどくて、
    カウンセリングや心療内科を検索する日々でした。
    如何せん片田舎、選択肢も少なく、敷居も高く感じて実際に訪れることはありませんでしたが…

    そういうときにも、自治体の相談窓口って大切なのかもしれませんね。
    辛い。怖い。しんどい。逃げたい。
    でも、どうしたらいいのかわからない。
    どこに相談したらいいのかわからない。

    そういうときに、とにかく人に話を聞いてもらい、
    家庭という閉ざされた世界から、少し出て息をしてみる。
    それだけで、息苦しさはちょっと減るかもしれません。

    そして、そこでの相談から、必要に応じて専門の機関につないでくれるはずです。

    ただし…
    「そんなのどこの家庭でもあることよ、貴方の我慢が足りないのよ」的な話にもっていかれてしまう場合もあるそうですね。
    相談員さんとの相性(善し悪しではなくて、相性!)もあると思うので、合わないと思ったら別の方(窓口)に相談することも大切だとよく言われています。

    同じ方から同じ話を聞いても、感じ方は人それぞれ。
    最近よく、そんなことを思います。
    わかりきったことなんですけどね。

    ミニマリストとシンプリスト

    個人的な理解を記しておこうと思います。

     

    巷で話題のミニマリスト

    バックパック1つで、究極「住むところさえいらないよ」まで突き詰めていける、ミニマリスト

    私は、自分がミニマリストになりたいとはあまり思っていません。

    しかし、憧れはあります。

    なんというか、それは私の生活や嗜好と完全に合致するわけではないのだけれど、

    潔さが気持ち良い。

    正直ちょっと不便だとは思いますが、それよりも「モノに煩わされない自分」を貫けるかっこよさ。

    主義主張を感じます。

     

    私は、ミニマリストは目標ではないものの、

    できることを取り入れて、自分に丁度よい塩梅のシンプル具合で生きていきたい、くらいに思っていました。

     

    シンプルライフといえばミニマリスト

    そう思っていたのですが。

     

    シンプリスト、という言葉(概念)もできているんですね。

    コチラのほうが、私にはしっくりきます。

     

    自分にとって不便でない程度に、少ないモノとシンプルに暮らす。

     

    理想と現実の乖離が激しいので、

    まずは1週間に1度のメンテで綺麗に戻れる、そういうサイクルを目指したい。

     

    ◆理想◆

    f:id:harinezumisan:20170526091452j:plain

     

    ◆現実◆(イメージ) 

    いや、今はこれよりは大分綺麗に保ててますけどね。

    こういう時期もあったんです(。ŏ﹏ŏ)

    f:id:harinezumisan:20170526091830j:plain

    新築離婚

    「新築離婚」、話題になってますね。

    この言葉自体は以前からあったようですが、

    ココリコ田中さん夫婦のお話から、また少し認知度が上がりましたね。

    個人的には田中さん割と好きだったんだけどなぁ。

    家庭のことはご本人たちにしかわかりませんものね。

     

    新築離婚とは?

    ラジオで上沼恵美子さんもおっしゃっていましたが、

    この言葉を知らなくても、聞いたら「あー、なるほどね。」と、

    意味するところを想像できる方も多いんじゃないでしょうか。

     

    特に、新築で家を建てたり、似たような大きなライフイベントを夫婦で経験したことが有る方なら。

     

    住宅購入って多くの方が未経験の、大きな買い物ですもんね。

    そういう時に謂わば「本性」が出てしまったり、

    我を押し通そうとしてしまったり。

    ある意味、ストレスフルな作業になります。 

    意見が違うのは当たり前ですからね。。。

     

    そしてやっと建ったと思ったら、今度は新しい環境での生活。

    夢のマイホームのはずなのに、こんなはずじゃなかった!

    思わぬ所にストレスが生じたり、

    問題の原因を相手ばかりに追求したり。

     

    ガラガラガラと、信頼関係が崩れていく、ということも想像できます。

     

    うちも新築離婚?

     

    さて、うちも新築離婚に近いようなところはありますね。

    離婚を決意したのは新築してからではないですし、

    そもそも離婚成立してませんけど!

     

    大雑把に説明すると、

    もう離婚するしかないかもしれない、と私が(或いはお互い?)感じている所に、

    無理やり夫が新築購入をぶち込んできた。

    というところでしょうか。

     

    もちろん私はやんわり反対(というか延期提案?)しますが、

    そうすると「お前は黙れ!文句言うな!」攻撃。

    (文句と違いますけど)

     

    夫は、今欲しいんです。

    どうしても、イマ ホシイ んです。

    しかも、対外的には妻に配慮したっぽく見えるんです。

    一石二鳥!

    それを邪魔する妻?そりゃー邪魔者でしか無い。

     

    詳しくはコチラ↓

    harinezumisan.hatenadiary.com

     

     

    でも、そういう夫(関係が良好でない時に家を買おうとする夫)って、

    一定数居らっしゃるようですね。

    「新しい家を買って、環境も気分も変われば、この関係悪化も良くなる」という考え(或いは無意識)からのようですが、

    なんという楽観主義!盲目!お気楽!

     

    基本的には、物を買い与えて愛情表現をした気になってるのと同じ構図なんでしょうかね。

    モノ(お金)で解決しようとするんじゃなくて、

    まず自分が向き合わないとダメだよねぇ。

     

    f:id:harinezumisan:20160625002728j:plain

    カレーのシミ

    保育園では、お食事エプロン的なものを使いません。
    そうすると、高頻度で汚して帰ってくるスモック。

    ご飯をこぼした跡くらいが多いので、
    手で部分洗いして干しておけば良かったのですが…

    最近スープやらなんやら、おかず系の食べこぼしが増えたような。

    食べ物汚れ専用の、染み抜きというか、洗濯機前の部分ケア用洗剤を使っていました。

    が、さすがにカレーは残る!!
    薄色の夏用スモックには厳しい(´・д・`)

    それで、食べ物(特に油)汚れには食器用洗剤よね、と思い立って試してみると、
    見事に綺麗に!!!

    専用の洗剤色々揃えなくても、
    食器用洗剤で十分じゃん(寧ろ最適)、
    というお話でした。

    セスキ(アルカリウォッシュ)での洗濯も試行錯誤中ですので、
    それはまた別の機会にでも。

    読点を打ちまくる話。

    読点。

    そう、この「、」です。

     

    めーっちゃ多用する方、時々いらっしゃいますよね。

    私はそれが読みにくくて苦手です。

    しかもかなり不自然。

    何故そうなるのか不思議で不思議で、昔からすごく気になっていました。

     

    よく覚えているのは、大学のシラバス

    ある教授の書く文章は、全て読点だらけ。

     

    この、講義は、○○を使って、●●ができることを、目指します。最初は、出される課題を、講義の時間で、完成させます。最終的には、自分で、設計したものを、完成させ、提出してもらいます。

     

    延々。内容は今適当に作りました。こんな感じです。

    単語は言い過ぎにしても、ほぼ文節で区切ってるんじゃないか、というくらい多いんです。

    全部文節で区切るというルールに則っているならまだしも、

    「そうじゃないときもある」というのも私を悩ませる点です。

     

    すごく幼い印象になるし、区切られすぎてリズムが悪いというか、

    つんのめってしまって読みにくい。

    こういう文章を忠実に音読すると、

    小学生が作文を発表しているみたいになりませんか?

     

    ちらっと調べてみると、

    「考えるままに書き連ねて、読み手のことを考えていないからだ」

    「読みやすい文章を書こうとして、逆に読みにくくなっているのでは」

    「声に出しながら打っていて、ブレス位置で読点を入れているのでは」

    「キーボードをひとつの指で打ってるのでは」(!!)

    「専門家とかに多い」

    「読点が少ないより読みやすい」

    「いや、そもそも明確なルールが無いのだから個人の自由、放っておくべき」

    などなど、いろんな意見がありました。

     

    なるほどね。

     

    自分はどうなのよ

    自分の文章も改めて読んでみると、

    割と読点が多いことに気づきました。

    気になる程ではないんですが、決して少なくはない^^;

    それが自分でも意外だったのですが、

    考えながら文章にしていくと、どうしても多くなってしまうのかもしれません。

     

    つまり、何か意図して読点だらけになるわけではなくて、

    ・多くなってしまう傾向が強いか弱いか

    ・そしてできた文章を推敲するかしないか、

    ここらへんの違いなんでしょうかねぇ。。。

    いやでもそれにしたって不自然だよ…やはり謎のままか。 

     

    ちなみに、そういう文章を書く人やその文章を非難したい訳でも、

    正したい訳でもありません。

    なんか結構いるから気になったので調べてみたけど、

    そういう文章は一定数あって、

    読みにくいというのも普通の反応なのね、というだけのお話です。

     

     

    たしかに個人の自由であることに間違いありません。

    読みにくくて「うーー(。ŏ﹏ŏ)」となる場合は、

    読まなければいいだけですね(´・ω・`)

    (それができる場合は!)

    f:id:harinezumisan:20160625005228j:plain

    10年日記

    割と、記録を取ることは好きなんです。

    書くことも、好きなんです。

    なので、日記って昔から、時々つけてたんです。

     

    f:id:harinezumisan:20170518095705p:plain

     

    しかし、見事に3日坊主。

    いや、1週間くらいは頑張るかな。

     

    5年日記をつけてた時期もあります。(見事に白い)

    アプリで育児日記をつけてた時期もあります。(これはまぁ1年弱続いた)

     

    でもやっぱり、日々の他愛もないこと、書き留めておきたい!!!

    人生は短い!

     

    そう思い立った私は、10年日記を買いました。

    思い切ったでしょ。

    5年と悩んだけど、5年毎に分厚い本が増えていくのも微妙だし、

    10年なら書くスペースもちっちゃいし。

    長く書くことは苦ではないのですが、毎日となると手軽さが優先。

    (重いんですけど。それは5年でもそんなに変わらないハズ…)

     

    長く続けるコツ

     というものを調べたりして至った結論。

    それは。。。

     

    夜書かないこと!!!

     

    日記は1日の出来事を夜書く、っていう思い込みがあると思います。(私だけ?)

    でも、夜書くって結構ハードルが高いのです。

     

    夜は、疲れて帰ってきてやる気が出ない日もあります。

    飲み会でベロンベロンになった日なんか、書く訳ありません。

    私は、最近は専ら子どもと寝落ちです。

     

    しかも、夜って色々考えると負のループに陥ったりするでしょ。

    どんどん思いもよらぬところに派生したりします。

     

    なーのーで。

    朝書くことにしました!

     

    理想は早朝。家族も起きてくる前。

    でも、お昼頃になってもいいんです。(在宅ワークだからこそできる融通?)

     

    そしてもうひとつ。。。

     

    アナログ日記の欠点、家に居ない日に書けない

     

    出張だ旅行だ帰省だと、家を頻繁にあける場合。

    紙の日記は持ち歩かないので(手帳なら大丈夫ですが)、

    その間空白ができますよね。

     

    さあ大変。2日空白ができたらもう、芋づる式に空白が増えていきます。

     

    私は、普段持ち歩く手帳に、白い紙を入れておいて、

    外出時はそれに書くことにしました。

    家に帰ったら、切って貼るだけ。

     

    2日分まとめて書こう、は、三日坊主へ片足つっこんだようなものですからね!

     

    私はA4のコピー用紙に、

    日記1日分のスペースで区切り線を入れて、

    それを持ち歩いています。

    とっても簡単。

    貼り付けたのは見た目が良いとは言えませんが。。。

    こだわる人はステキにコラージュっぽくすることも可能ですしね!

     

    以上、私の日記事情でした。

    公言することで、続けるモチベーションもひとつ上がります(*´∀`*)